針灸師になるには?

針灸師になるための専門学校

針灸師になるためには、専門の養成学校での3年以上の修学と、国家資格である針師・灸師の資格を取得しなければなりません。針灸師の学校は、厚生労働省の規制緩和によって増加傾向にありますが、どのような学校を選んだらよいのかと迷ってしまうことがあると思います。

 

針灸師の学校は、取得できる資格からみて大きくわけると、3つのタイプに分類できます。針灸専科(針灸のみの国家資格取得が可能)、針灸本科(針灸にあわせてあん摩マッサージ指圧師の国家資格取得が可能)、針灸・柔道整復師科(針灸にあわせて柔道整復師の国家資格取得が可能)の3タイプです。針灸師だけの資格では、就職や開業のときに不利になることもありますし、人気のあるあん摩マッサージ指圧師の資格も一緒に取ることができる針灸本科にかかる学費が針灸のみの学費と比べてもそれほど差がないため、針灸本科を選ぶ学生が多いようです。

 

針灸師の学校には、規制緩和前から存在していた伝統校と、規制緩和後に開設された新設校があります。針灸師の学校を選ぶときは、もちろん通学できる範囲内にあることが条件となりますが、複数から選べる場合は、その学校の歴史や特色、国家試験の合格率なども十分に調べる必要があります。古くからある伝統校が必ずしも針灸師の学校として優れているとは限りませんし、新設校だから設備や授業内容が良いとは限りません。針灸師の学校を決める前は、学園祭や文化祭、説明会や見学会に行って、しっかりと自分で見てから決めると良いです。