不妊症と子宮筋腫

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の筋層にできる良性腫瘍のことです。子宮筋腫が悪性化するのは、1パーセントにも満たないといわれています。生殖年齢に該当する女性のなかで子宮筋腫になるのは、2割程度といわれており、この数字を多いと感じる人もいるのではないでしょうか。通常は、閉経後に縮小するので、手術をしないことが多いそうです。専門用語になりますが、子宮筋腫はエストロゲン依存性の疾患になります。また、粘膜下筋腫の場合、不妊症の原因になったりすることがあります。

 

子宮筋腫は悪性化することが稀なので、医療が介入することは少ないのが現状です。しかし、症状がある場合は治療の必要があります。民間治療の分野では、子宮筋腫の克服法などがあるようです。なかでも、続木和子という人物が有名です。

 

参考サイト 続木和子 子宮筋腫

子宮筋腫エントリー一覧